MENU

手汗多汗症の原因とは?

手汗多汗症の原因として考えられるのは、自律神経の乱れ、肥満、気づかないストレスです。詳しく解説すると、自律神経の乱れですが、自律神経は汗の分泌、体温調節、内臓の働きをつかさどっている神経なので、何らかの理由でこの調節が上手にできなければ手汗が多く出ることになります。これらは、規則正しい生活、油を少なめの食生活、適度な有酸素運動で改善できます。次に肥満ですが、つまり太っていると多くの熱を発しますのでその熱を放出するために手だけでなく全身に汗をかきますので痩せることが最大の対策となります。それに加えて肥満からくるものは体臭もひどくなりますので痩せるに越したことはありません。最後に気づかないストレスですが、過度な緊張や精神的な不安や心身疲労によるものが考えられます。また、手汗多汗症に悩むためにさらに手汗をかくという悪循環に陥ることもあります。これを防ぐには仮に一時的でもいいのでデオドラントや制汗剤などで手汗を止めることです。そうすることで精神的なストレスから開放されて手汗多汗症が改善する可能性が高まります。

 

手汗の原因